ひねもす

一人暮らしの若人です。喫茶店、芸術、自然などについて書いていきま〜す。

はい。実はピラニア飼ってます。

 

はーい、 みなさんこんにちは! 『ソラハラ』と名乗っている者です。

 

今までのブログ記事からお察しかと思いますが、

私、自然とか生き物とか大好きです!

 

小さな頃から家は水槽と植木鉢と飼育ケースで溢れてたんです。

 

成長するにつれて他の趣味や制約が増え、

それに反比例して水槽は減っていきました、

 

一人暮らしの現在は二本の水槽を管理してます。楽しいです。

 

 

・『自立水槽』が生んだジレンマ

一人暮らしを始めたのと同時に混泳水槽を立ち上げたんです。

なんか『環境循環』を作りたいなーと思ったんですね。

水草とエビと小型魚のささやかな生態系…。うん、魅力的。

 

魚がエサを食べる。糞をする。底に有機物がたまる。バクテリアが分解する。水草光合成して有害物質を無害化する。水が蒸発したら少し足す。

こんなシステム…。うん、萌える。

 

早い話が『自前の湖』を作りたかったんです。

エサと水を足すだけで管理できる水槽を作れば、楽だし、生体にもメリットありそうじゃないですか。自然に近い状況を作るわけですから。

 

そしてその夢が以外と簡単に達成されてしまった…。

 

魚もエビも微生物も水草も大繁栄しちゃったんです。

 

『そしてその水槽は管理者を必要としなくなった。』

さみしいんです。やることないんです。

 

こんなジレンマが生まれるとは思いませんでした。

人生って上手くいかない。

手間かかるのも喜びなんだと知りましたw

 

 

・無性に中型魚が飼いたくなった

 

ふと『今まで小型魚しか飼ったことないな』って思ったんです。

もちろんプラチナアリゲーターガー(軽自動車買えるくらいの値段)も

アジアアロワナアクアリストの憧れ)も飼ったことがない。

 

今の設備で買えて、迫力もあって、綺麗な魚が飼いたいなー

60センチ水槽と30センチ水槽一本づつしかないしなー

ベアタンクで大事に手間暇かけて育ててみたい。

 

私が出した結論は『ピラニアの単独飼育』でした。

 

 

・『アマゾン川の肉食魚まさかの100円。』

『飼育水は循環水槽から取ってくればいいし、30センチ水槽は綺麗に洗ってある。ベアタンク(底砂をひかない水槽)だからソイルもいらないし、五月だから水温も安定!』

 

『ピラニア飼育』を思いついた次の日にピラニア探しに行きました。

私はかなりフットワーク軽い方です。

 

最寄の熱帯魚店に行ってみました。

ヒレに欠陥ありで価格100円のピラニアが売ってました。

 

『は?』って感じですよね。

大量購入での割引とかでもないですよ。一匹バラ売りでの値段です。

 

しかもその欠陥がピラニア素人の私にはよく分からない。

胸ビレが小さいらしいです。(鮮明な画像撮れたらまたアップしますね!)

f:id:solahala:20170531002502j:plain

傷が少なくてアブラビレの綺麗な個体を購入〜!

 

しっかりと水合わせしてお迎えしました〜

 

 

・今回の総括

なんで単独飼育なのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

『外出時の共食いが怖い』のと『でかい水槽が用意できない』

というのが主な理由です。

 

ラニアって集団で生活すると聞いていたので

単独だとかわいそうかなとも思ったんですが…。

 

我が家に来てから一週間。だいぶ慣れてきました。

エサは『ディスカスのエサ』と『冷凍赤虫』を与えています。

目の前でばくばく食べてくれます。

体調は6センチくらいです。かわいいですよ〜!

 

現在は30センチ水槽での飼育をしています。

大きくなったら60でゆったり飼うつもりです。

水質も原産地のアマゾンになるべく近づけようと思い、少し水流を作って、アルダーシードを使用してブラックウォーター(弱酸性の水)にしています。

 

大切育てて、目を見張るような美個体にしようと息巻いてます!。

植物も生き物も小さな個体を育てるのはワクワクしますね!

 

それではみなさん、良い水槽ライフを〜

 

 

 

 

↓生き物好きな方にオススメの記事です!

 こちらもあわせてどうぞ。

solahala.hatenablog.com