ひねもす

コーヒー片手に、ゆっくり眺めてもらえるような記事を

『嘘つき』について。

f:id:solahala:20200107141145j:image

『嘘をついてはいけません』

 

子供の頃によく言われること。

 

子供は嘘をつく生き物である。

 

 

大人になる過程でいろいろな人間関係を体験し、『嘘をつくことでどのような結果になるか』だいたい予想がつくようになる。

 

 

言動と行動が一致しなかったり、わかりやすい嘘をつきまくるような大人がいれば、信用を失っていくことは明白である。子供も同じ。

 

 

ここまでの『嘘』は『他人に対する嘘』について言及している。

大人に指摘される嘘、友人に、恋人に暴かれる嘘、自分で後悔する嘘。

全て『他人』に対してついた『嘘』ではないか?

 

 

他人に対する嘘に対して『自分に対する嘘』は見落とされがちである。

一見すれば他人を片付けないし、自分という枠から外に出ない、自己完結で終わるものであるから。

我慢する。皆、我慢してしまう。

 

本当はしんどいのに、休みたいと言えない。

自分の道に反することをしなければならない

 

このような我慢は自分にも他人にも悪影響だ。

 

モチベーションが上がらないままに物事を進め、自分の嫌な気分を周りに広めてしまってはいないだろうか。